フィアットについて

トップページ > フィアットについて

FIATの歴史

FIATロゴ
フィアットオートは、昨年他界したジョバンニ・アニエリによって1899年、ビエモンテ州の州都であるトリノに設立されました。
アルファロメオとともに創業者の名前を冠していないめずらしいメーカーFIATとは、トリノのイタリア自動車製造所の頭文字。

アルファロメオの他、ランチア、マセラティ、フェラーリも傘下に収める巨大複合企業グループです。

1910年 モデル「ZERO」最初の大量生産車である小型エンジン車が誕生
1922年 リンゴット工場の操業を開始
1936年 大量生産車では世界最小のエコノミーカー、「FIAT500」を発売し大成功
1939年 ミラフィオーリ工場が操業を開始
1955年 「FIAT600」を発売
フィアット、ピレリ、ビアンキ3社の共同出資によりアウトビアンキを設立
1957年 ルパンⅢ世で有名な新型500を発表
1971年 スポーツエンジンンの開発を専門とするアバルトを買収
1980年 パンダを発売
1983年 ウーノを発売
1986年 アルファロメオを買収
1993年 プント発売
1994年 クーペフィアット発売
1995年 バルケッタ発売
1999年 創業100年を記念して現在の丸型エンブレムに変更
  • Alfa Romeo
  • ABARTH
  • Alfa Romeo
  • ABARTH
  • ASTON MARTIN
  • JAGUAR
  • LAND ROVER
  • 八光カーグループホームページ
  • 会社概要
  • 八光モバイルサイト